フィリピンの治安について

日本と比べると「安全ではない」というのが本当のところです。フィリピンは治安に問題ないよ、と簡単には伝えられません。

しかし「安全ではないから止めよう」という考えに至るのは早すぎます。たしかに、日本で生活している感覚で現地に行くと確実に安全ではないのですが、自分が気をつけていれば自然災害やテロのような事件を除いては防ぐことができます。

これまでフィリピンで留学生が殺人や大きな犯罪に巻き込まれる、といったことは起きていません。日々起こっているのは「スリ」や「ひったくり」「ぼったくり」という類の軽犯罪です。これらはフィリピンに限らず諸外国でも同様に起こっていることです。そしてこのような被害は自分次第で防ぐことができます。貴重品を身につけたり持ち歩いたりしない、派手な格好で出かけない、夜に単独行動はしない、などを徹底するだけで良いのです。

留学中はほとんどの時間を学校内で過ごす生活になります。旅行で訪れるのと比べると被害に遭う確率は低いですが、放課後や週末に外出する際には上記に心がけることが必要です。

海外であることを認識し、防犯に気を付けていれば防ぐことができます。そのため治安面を過剰に不安視する国ではありません。エージェントを利用して渡航されるのであれば、渡航前に具体的な情報や対策を知ることができるため安心です。

フィリピンは「日本に比べれば危険度は高いが、気をつけていれば問題ない」レベルです。