実際にいくらかかるの?フィリピン留学総費用

安い!フィリピン留学の総費用

格安海外留学のフィリピン留学。数年前までは格安感はあったものの、フィリピンの経済成長と、日本の経済成長の停滞も重なっているため、「安い」というイメージはもう過去の話になっています。

しかしながら、平均的な留学費用は1週間で約4万円ほど、1ヶ月(4週間)だと15万円~20万円程です。※10万円を少し超える価格帯の学校、コースももちろんあります。

実はこの他に、各学校とエージェントが提示している料金以外にも当然費用がかかってくるわけですが。

その内容を解説いたします。

料金表の価格に含まれるのはこちら!

私たち、その他留学エージェントさんが提示している価格に含まれる費用が以下の料金です。

1・授業料
(留学期間内の平日の正規授業すべて)

2・宿泊費
(基本的に留学期間の前後1日の滞在費)

3・毎日3食の食費
(土日祝は提供しない、1日2食のみ提供する、といった学校もあり)

4・部屋の掃除代と洗濯代
(重量制で別途費用がかかる学校もあり)

5・インターネット接続料金
(学校に設置されているWi-Fiが主です.)

以上の各種費用込みで提示されています。
授業料の他に、宿泊費や食費もコミコミです。フィリピンへ留学すると、学校以外の留学生活はとても楽になります。いずれの学校も、生徒さんには勉強に集中してもらえる環境を提供しています。

このほか、留学前にお支払いいただく費用には、「入学金」があり、どの学校も1万~15,000円ほどです。

この時点でも他の国への留学費用に比べて相当安いです。
留学時の金銭的ハードルがとても低いこと、それがフィリピン留学のメリットの一つですね。しかし!

フィリピンへの留学の際は、「出発前に支払う料金」と「学校到着後に直接学校で支払う料金」の2種類があります。

これまで紹介した金額は渡航前に料金です。

 

次からは、各学校で必ずかかる費用を解説します。

 

学費に含まれてない「現地で必ずかかる費用」

ここからは、学校に入学た後に支払わなければならない費用です。

これらは割引の余地がないものです。

そのため、弊社は「ちょっとした節約術」をお客様にお伝えしています。

1・SSP申請費(特別就学許可証)

SSPとはフィリピンに留学するすべての人に必要な許可証です。
「観光客なのになぜ学校に滞在して勉強しているんだ?」と発覚すれば強制退去という事態になりかねません。学校がこの手続きを代行してくれているので、この費用は学校に直接支払います。

2・電気代

フィリピンの電気代は意外と高いです。さらに、南国ですから日中はクーラーがないとキツイです。そのため、学生のみなさんから電気代を徴収しなければ学校も大変なわけです。

この電気料金は学校によって幅があり、お部屋のタイプによっても変動します。もう少し厳密に言えば、複数人のお部屋の場合、ルームメイトの性格によっても料金が変わります。滞在期間で定められた「定額」で徴収する場合と、複数人部屋で「使用した分」をシェアする場合の2種類があります。

韓国人は暑がりの人が多いようで、部屋ではクーラーを常時つけている学生も少なくありません。ここまでなら良しとしても、暑がりのルームメイトで、さらに授業をサボって部屋に篭っている学生と一緒の部屋になってしまった場合、使用した分をシェア清算する方式だと、あなたの支払う電気代が跳ね上がります。

とはいえ最近は定額で徴収する学校が増えています。

3・テキスト代

授業で使用するテキストは誰しもが購入しなければなりません。授業で使用するテキストは、解説などがすべて英語で書かれています。どのようなテキストかというと、海外有名大学のテキストの複製版、これを使用する学校が多いです。日本の書店にも正規版が売っていますが、1冊あたり2,000円~3,000円ほどします。一方フィリピンでは一冊700~800円と安く手に入りますので、帰国後の勉強にも使えるでしょう。

4・学校のIDカード作成費用とお部屋の保証金

フィリピンでは学校はもとよりスーパーやコンビニといった建物の出入り口に、制服を着た屈強そうなガードマンが常駐しています。学校ともなれば、生徒さんの安全を確保するために彼らの存在は欠かせません。

そのため部外者が侵入しないように、その学校の生徒である証明のためのIDカードを学校が作成します。これは常に持ち歩かなければならないものです。学校によって変動しますがこの費用が約400円程です。

さらにお部屋の「保証金」が徴収されます。これは日本でいう敷金のようなものです。卒業時に部屋に何も破損等が無ければそのまま返金されます。

5・ビザ延長費とACR-ICARD

留学期間5週間以上の方は「ビザ延長」の手続きをしなければなりません。

日本人は、フィリピンに観光ビザ扱い(ノービザ)で30日間の滞在ができるのです。それを超えて滞在する場合、29日~30日ごとにビザ延長費がかかります。

そしてもう1つが「ACR-ICARD」の費用。

これは「観光を目的としてフィリピンに長期滞在する方、または短期間でも留学や就業する外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証」です。さらに、

フィリピン移民局に登録された外国人の、フィリピン法的居住資格の証拠として活用され、フィリピンを訪れる外国人の監修を強化し、簡便に身元の証明を行えるもの。と説明されているものです。

これは、59日以上滞在する方に必要となります(留学期間、9週以上半年以下まで)

手続きには本人が窓口に出向かなければなりませんが、学校のスタッフが案内してくれます。平日の日中しか開いていないので授業を欠席しなくてはなりません。手続きの際は顔写真が数枚必要になります。写真の大きさの規定は「背景が白無地・5×5センチ」の写真が必要です。

ちなみに料金は、1回目のビザ延長費が3440ペソ(約9,000円/留学期間5~8週間)

2回目のビザ延長費は4710ペソに加えて、ACRI-CARD費用が3000ペソになります。
(12,500円+6,400円=約18,900円/留学期間9~12週間の場合)

6・海外旅行保険

留学期間中に体調を崩して病院にかかる可能性もあります。そのため、各自海外旅行保険に入られることをお勧めしています。フィリピン留学中によくあることは、「風邪」「腹痛」によって病院に行くパターンです。現在はクレジットカードに付帯された海外旅行保険もあり、ここにかかる費用は実質ゼロでも可能です。もしくは、必要な補償内容を選択できる保険もありますので費用を抑えることができるでしょう。

7・現地で使う費用

残りは生活用品や外食代、旅行に使うお金、お土産代などです。
物価は日本よりもちょっと安いぐらいです。たとえば1泊の旅行で離島に行ったとしても、交通費等含めても数人で割れば一人1万円はかからないでしょう。
この費用の目安は、1ヶ月に15,000円~20,000ぐらいを見ておくとそれほどストレスなく余裕を持って過ごせると思います。

料金表の価格よりも数万円増える

たとえば、留学期間が4週間の方の場合は上記の5番は必要ありません。そのため、SSP費用など含めて約5万円ほどが留学費用料金にプラスされます。

それ以上の期間を留学する予定の方は、ビザ延長費と、滞在が長くなるにつれて必要な生活費もアップします。